カテゴリー
珈琲のあれこれ

食後がもっと楽しくなるオシャレなコーヒーカップ

日常生活でコーヒーが欠かせない方には、カップにもこだわりを持ちたいものです。自分の好みのおしゃれなコーヒーカップで味わえば、一層満足感も高まります。
一口にコーヒーカップといっても、タイプやサイズあるいは機能など多種多様です。例えば素材だけでも、磁器や陶器をはじめボーンチャイナや耐熱ガラスなど、様々なものがあります。もしおしゃれなコーヒーカップを求めるなら、まずは素材の特徴を理解することをおすすめします。コーヒーカップの素材によって保温性が異なり、味や香りそして口当たりも変化するからです。もちろんデザインも大切。素材を理解した上で自分の好みのオシャレなコーヒーカップを選べば、食後がもっと楽しくなることでしょう。
そこでここからは素材の特徴を説明しながら、おしゃれなコーヒーカップを説明します。まず磁器については、しっとりと滑らかな質感と、白地で透明感のある上品な美しさに特徴があります。きめ細かい表面なので汚れが付着しにくく、お手入れしやすいことも、忘れてはならない特徴でしょう。白地にパステルカラーの花柄でデザインされたカップであれば、オシャレ度もグンとアップします。

次に陶器のカップの特徴は、土を練って焼き上げて作られるので、見た目や手触りに趣の深さを感じるのが魅力です。また焼き上げで耐久性も増すため、割れにくのも特徴。さらに厚みもあるので、保温性にも優れます。オシャレな陶器のカップとしては、海外の王室御用達のブランドが有名です。白地にブルーの絵柄を特徴とし、見た目の上品さやオシャレ感は抜群。プレゼントにも最適です。

ボーンチャイナという選択肢

ボーンチャイナもコーヒーカップではメジャーな素材の1つです。牛骨灰を使用していることから、軽く耐久性に優れるのが特徴。ツヤやかな見た目が美しく、装飾品としても人気があります。バラや梅などの花柄をモチーフにした、おしゃれで高級感のあるコーヒーカップならば、食卓で優雅な朝のシチュエーションにはピッタリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です