カテゴリー
珈琲のあれこれ

食後がもっと楽しくなるオシャレなコーヒーカップ

日常生活でコーヒーが欠かせない方には、カップにもこだわりを持ちたいものです。自分の好みのおしゃれなコーヒーカップで味わえば、一層満足感も高まります。
一口にコーヒーカップといっても、タイプやサイズあるいは機能など多種多様です。例えば素材だけでも、磁器や陶器をはじめボーンチャイナや耐熱ガラスなど、様々なものがあります。もしおしゃれなコーヒーカップを求めるなら、まずは素材の特徴を理解することをおすすめします。コーヒーカップの素材によって保温性が異なり、味や香りそして口当たりも変化するからです。もちろんデザインも大切。素材を理解した上で自分の好みのオシャレなコーヒーカップを選べば、食後がもっと楽しくなることでしょう。
そこでここからは素材の特徴を説明しながら、おしゃれなコーヒーカップを説明します。まず磁器については、しっとりと滑らかな質感と、白地で透明感のある上品な美しさに特徴があります。きめ細かい表面なので汚れが付着しにくく、お手入れしやすいことも、忘れてはならない特徴でしょう。白地にパステルカラーの花柄でデザインされたカップであれば、オシャレ度もグンとアップします。

次に陶器のカップの特徴は、土を練って焼き上げて作られるので、見た目や手触りに趣の深さを感じるのが魅力です。また焼き上げで耐久性も増すため、割れにくのも特徴。さらに厚みもあるので、保温性にも優れます。オシャレな陶器のカップとしては、海外の王室御用達のブランドが有名です。白地にブルーの絵柄を特徴とし、見た目の上品さやオシャレ感は抜群。プレゼントにも最適です。

ボーンチャイナという選択肢

ボーンチャイナもコーヒーカップではメジャーな素材の1つです。牛骨灰を使用していることから、軽く耐久性に優れるのが特徴。ツヤやかな見た目が美しく、装飾品としても人気があります。バラや梅などの花柄をモチーフにした、おしゃれで高級感のあるコーヒーカップならば、食卓で優雅な朝のシチュエーションにはピッタリです。

カテゴリー
珈琲のあれこれ

モダンな陶器のコーヒーカップがネットで人気沸騰中!

日本では全国各地で古来から色々な種類の焼き物が作り出されてきました。日本の焼き物は世界中でも人気が高く、永年の技術の蓄積のなかでデザインも製造法も洗練されてきた結果、現在では国の伝統工芸品に指定された陶器は多数に上ります。器ひとつのデザインや意匠の違いだけで食卓の印象をがらりと変えてくれるのが、陶器の魅力です。料理メニューに応じてチョイスするだけでも、食卓を華やかにし気分まで明るくなります。そんな日本伝統食文化に不可欠の焼き物である陶器ですが、最近ではコーヒーカップとしても確実に人気を高めつつあるようです。

自宅でもオフィスでも

自宅でゆっくりしたいとき、職場でひといき休憩を入れたいときなどのシーンで、気軽に利用できるコーヒーカップはなくては鳴らない存在です。コーヒーを飲む機会が増えたことで、各人の好みや用途に応じてコーヒーカップを選ぶにしても多彩な選択肢の中からチョイスすることが出来るようになりました。中でも人気が高いのがマグカップ、陶器の素材のものにはどのような魅力があるのでしょうか。トレンドの中心になっているのは、和モダンなテイストのデザインです。個人の工房ではシンプルなデザインと、落ちついたトーンの色合いのものが人気を集めているそう。和風なデザインは北欧のデザインに通じるものがありながらも、普通の内装環境でも違和感なく溶け込むことから使い勝手がいいのも人気の理由の一つといえそうです。

伝統工芸品のコーヒーカップ

他方で日本各地の伝統工芸として親しまれてきた陶器で、コーヒーカップを作りだすという工房も増加しています。各地の伝統陶器には、それぞれに色合いやデザインに特性がみられますが、コーヒーカップにも伝統的テイストをかもしだしているのが特徴です。ただ伝統を踏襲するといっても、コーヒーカップとして利用するにしても違和感を感じさせることがなく、デザイン的にも洗練されているので完成度は非常に高くなっています。
陶器のコーヒーカップには、従来のカップにはない魅力を感じることができるのが魅力です。

カテゴリー
珈琲のあれこれ

ママ友が来たときにあったら嬉しいコーヒーカップセット

身近なものですがママ友が来たときにも、おいしいお茶を出すことのできる、あったら嬉しいコーヒーカップセットがあります。種類が豊富で迷いますが毎日多くの人が使うであろう必需品でもあり、見た目が美しければ装飾品にもなる優れものです。綺麗で心も鷲掴みするほどの品の良さやでサインなら、出してもらった方としてもおもてなしされている最高の気分になれます。

楽しくおいしいひと時を一緒に過ごすなら、お茶をお出ししたママ友が喜んでくれる、素敵なものを用意しておく方が得です。自宅で日常的に使う100円均一ショップでも売っているような、安価で手軽なシンプルなものも良いですが、大切な人に出すホットコーヒーなら、それなりの価値の高いものを選びたいと考えます。自分が使って嬉しいかどうかを、訪れてくれたママ友のイメージに変換して考えてみることです。

上品なティータイムをママ友と

飲むことができれば何でもいいというのはナンセンスであり、コーヒーの保湿力や味わいは陶器の厚さや形状によっても違います。上品を醸し出す薄めのカップならば、繊細なコーヒーの味わいまで丸わかりです。微妙なまでの些細な風味を、話をしながらじっくり味わいたい友人との時間に向いています。保湿性の高さでいえば大満足なのは厚みのあるカップであり、ティータイムを気ままにお菓子を頬張りながら楽しみたいときにぴったりです。

マグカップだけでお茶を出すのは、とても身近な家族などならいいですが、来客ならばやはりソーサー付きの方が丁寧に映ります。ティータイムを優雅に過ごしたい、そんな願いを叶えてくれるのもソーサー付きのカップです。

満足度の高いテーブルコーディネートとしての楽しみ方ができますし、素晴らしい色味とデザインの装飾品としても文句のつけようがありません。キャラクター系のコーヒーカップもありますが、これは好みがわかれるところです。大切なママ友のことを考えて喜ばれる、素敵なコーヒーカップのセットを用意しておきます。

カテゴリー
珈琲のあれこれ

コーヒー好きがオススメするワンランク上のコーヒーカップのブランドとは

コーヒーの素晴らしい香り・コク・酸味を楽しむときには、器の品質にもこだわったほうが良いでしょう。コーヒーは入れる器によって香りや味に変化が出るとされています。それは形状によって匂いが立ちやすいと味に丸みが出るといったこともあるでしょうが、上質なコーヒーカップで飲むことで心理的な影響がでるからです。

では、コーヒー好きがオススメしたいワンランク上のコーヒーカップのブランドは、陶器の中でトップクラスの知名度を持つウェッジウッドは外せません。ウェッジウッドの代名詞とも言えるワイルドストロベリーを始めとして、素晴らしいデザインが施されたコーヒーカップがあります。高級品として知られているのは、その素晴らしい装飾が多くの人々を魅了したからです。結婚のお祝いや引き出物などにもよく使われていますから、自分では購入していなくても知り合いからもらったものが自宅にあるという人も少なくないでしょう。もし、家にウェッジウッドのコーヒーカップがあるならば、贅沢な気分を味わうための第一歩として思い切って使ってみましょう。

他にもワンランク上といえるコーヒーカップのブランドとしては、ヨーロッパで最初に磁器をつくったマイセン、ドイツ生まれで伝統的なデザインと先進的なモダンデザインを融合させたフッチェンロイター、イヤープレートでもおなじみのロイヤルコペンハーゲンがあります。

負けていない日本のコーヒーカップ

でも、コーヒーカップだからといって海外のブランドだけこだわる必要はありません。日本の焼き物も世界的に有名なのですから、先に挙げたブランドに負けないものがあります。たとえばマイセンの源流とも言える有田焼でも、コーヒーカップはあります。有名な窯はいくつかありますが、やはり世界を驚嘆させた赤で有名な柿右衛門窯は外せません。絵画のように美しく絵付けが施されたコーヒーカップとソーサーは、眺めているだけでも気持ちが満たされます。一客だけでも5万円から10万円くらいはしますが、特別な体験をしたいのであれば手に入れてみましょう。